« 意外な結末。 | トップページ | 通勤ラッシュ。 »

隣町観光。

 5月6日日曜日。2日の晩からゲストを迎え、3日間でいろいろ観光していたため日記はお休みしていました。2日夜の空港で突然のサンダーストームに見舞われ、ずぶぬれになるという幸先の悪いスタートを切ったわけですが、その後は晴天に恵まれ、本日早朝のゲストの帰国まで大きな事故も悪天候もなく、上々なGWだったといえます。

 さて、5月3日はダラスシティ観光。おさらいもかねて、名所をいくつか訪れました。2度目となるSIXTH FLOOR MUSEUMではケネディ暗殺の映像をまた見たことにより、もう少し理解が深まりました。オズワルド(犯人)は、すぐにつかまったわけではなく、ケネディが撃たれた1時間後に近所で警官殺しがあり、その容疑者として逮捕されていたのです。そしてその3日後に彼は別の人間に撃たれて死んでいるわけです。そういう意味では、やはり真相は闇の中としかいいようがないでしょう。それにしてもいつも混んでること。みなさん英雄伝が大好きなんですね。。ケネディはともかくとしても、SIXTH FLOORの近辺にはウエストエンドの少し古い建物が並び、なかなかいい雰囲気を出していました。とはいえダラスのダウンタウンの外れということで、ちょっと行くと殺風景な、さびしい空き地ばかりの風景が広がります。米国の都市が東京と大きく異なるのはそこだとよく言われますが、その通りですね。地区によって雰囲気があまりにも違います。

 夕方からは人気の高級ショッピングモール「Galleria」でブラブラして、夕食は定番Trail Dustでステーキ。担当のお兄さんがすごくいい人で、私たちが食べきれず残した肉を悲しそうに片付けていました・・・。やっぱり日本人は日本食ですね。

 5月4日金曜日。今回のメインとなる隣町、フォートワースの観光です。ダラスや私の住んでいるアーヴィングは「ダラスカウンティ」という市のような単位の区画に属しているのですが、フォートワースは「タラントカウンティ」 に属しており、いわば隣Pic_0013_2Pic_0007_9町に当たるわけPic_0022_2です。車で高速を走ること約1時間、西部の面影を残す町、フォートワースのストックヤードに到着しました。もともと大きな牧場のようなところで、今でも牛や馬の競売が行われている古式ゆかしい西部の町です(写真左・中)。 さっそくメインストリートの一角にある「ストックヤードホテル」にチェックイン。金曜ということもあって空き部屋はすぐ見つかりました。荷物を置いて身軽になったら腹ごしらえ。ストックヤードステーション(観光用の蒸気機関車が走っている)近くのレストランでハンバーガーセットとビールを注文(写真右)。せっかくだからと外で食べたのですが、ハエがとにかく多い!ハエと格闘しつつ何とか完食。周りの米国人は気にならないのかと様子を伺っていると・・・なんと彼らはまったく気にしていません!料理にハエが止まっても追い払うでもなく、そのまま食ってます(もちろんハエは逃げますが)・・・。そしてどちらかというと酔っ払い過ぎていて、ハエどころじゃない方々もけっこういましたね。

 腹が膨れたらさっそく観光へ。ここでの見所はキャトルドライブ(牛の行進)とロデオなのですが、両者とも夕方以降のイベントなので、まずはロデオのチケットを予約して、博物館めぐりへ。町を歩くと、至るところに馬に乗っPic_0017_1 Pic_0026_1 Pic_0028_1た保安官(?)がうろうろしています(写真左・中)。ほろ酔いでウエスタンな雰囲気を楽しみつつ、カウボーイ記念館「名声のホール」へ。入り口にどでかいテキサス州旗がかかっています(写真右)。誇り高きLone Star State(=一つ星の州)の心意気を感じつつ期待して入ると、車だらけです。いわゆる馬が引く、大八車みたいなやつばっかり。それだけかと思って奥へいくと、ありました、伝説のロデオボーイのビデオ上映です。ロデオは暴れ馬や牛に乗っかり、どれだけ長い間振り落とされずにいられるかを競う競技ですが、牛や馬の凶暴性ゆえ、ときには死者も出る危険なものです。37歳でこの世を去った伝説のロデオボーイのビデオに見入りつつ、今晩のロデオにもかなり期待。

 その間に家畜の競売所や駅の近辺をうろうろしているうちに、16時半のキャトルドライブが始まりました(写真)。名物とはよく言ったもので、20頭くらいの牛が馬に先導されて歩いていくだけ。5分で終了してしまいましPic_0034 た(笑)。まあ、昔はものすごい数の家畜がいて、もっと時間をかけて壮大にやっていたのでしょうけれど、時代の流れには逆らえないですね。その後、妙に疲れたので休憩を挟んで、20時からのロデオにのぞみます。ロデオ専用の体育館のようなホールがあり、そこで約2時間にわたりロデオを含むイベントが開催されるのですが、このホールがとんでもなく寒い!ビールを買ったはいいけど、ものすごい寒さです。これじゃ牛も暴れる気が失せるんじゃないかなんて勝手に心配していると、暗闇の中で爆音とともに司会者が登場。早口かつ反響しているのであまり聞こえません。しばらく黙って様子を見ていると、小さな女の子が競技場(土)の真ん中に向かって歩いて行きます。何が始まるのかと思って見ていると、やはり爆音とともに聞いたことのないメPic_0040 Pic_0054 ロディーが。そして彼女が歌いだします(写真左)。明らかに小学生くらいなのに、あまりに歌がうまくて絶句。そしてこの後、州歌(?)及び国歌も全て彼女が歌いきり、みなさんから盛大な拍手を受けて走り去っていきました。その後も長いアナウンスが続き、いつ暴れ牛が見れるんじゃい、と思ったその直後、競技開始らしき掛け声、1~5の数字のついたレーン、その中で明らかに暴れている何かが見えました。会場の興奮も一気に高まり、異様な雰囲気になります。そしてその後、連続して数匹の牛と数人の命知らずな男たちの戦いを見ることができ、私たちも非常に盛り上がりました(写真中)。立ち上がって絶叫する客もいるくらいで、これぞテキサス、という印象でした。今回は早々と落馬(落牛?)する選手が多く、大きな事故もありませんでしたが、十分に盛り上がれるものでした。その後は、馬に乗ったカウボーイが投げ縄で子牛を捕らえるとか、会場から募った参加者でダンス大会を行うとか、競技と参加型イベントとが織り交ぜて行われ、飽きの来ないつくりになっており感心させられました。

 夜はホテル近くのレストランでフォークライブを聞きながらホットドッグをかじりました。いたるところでフォークギターをかき鳴らすアマチュア歌手がいたり、ハーレーばかり十数台集まってたむろっていたりと、すごくアメリカっぽい雰囲気の夜でした。結局ホテルのバーで少しお酒を飲むことにしたのですが、お茶目なバーテンのオッサンがショットグラスをトンっ、と我々の前において、まずは自分が軽く一気。手のひらを返して、あおる仕草をします。ちょっと楽しくなって私たちも一気。ミントの味がする強い酒でした。

 2日酔いPic_0002_7も覚めやらぬ5月5日。ダラスに帰り、近くのアウトレットモールで買い物。あとはみやげ物をあちこち探して回り(写真:テキサスベア、これがなかなか見つからなかった!)、最後にシメで日本料理の「甚兵衛」へ。久々に食べる寿司はやはりうまく、話も弾みました。結局来客は5月6日の早朝(正確には5月5日の深夜)に帰国し、今日は1人で掃除洗濯。今回で自信もついたし、今度は1人で違う町へふらっと行ってみるかな。

|

« 意外な結末。 | トップページ | 通勤ラッシュ。 »

コメント

隣町なのに別の国みたいだね~。さすがアメリカン。
牛のつのが面白い。

投稿: アリ | 2007年5月 8日 (火) 00時36分

>アリさん
ダラスは見所があまりにないので、隣町に行くしかない、というダラス市民の声に押されて行ってみたら確かに別世界。なかなかいい経験だったよ。ここの牛は闘牛なので、横に広がる危険な感じで角が生えているみたい。

投稿: hongda | 2007年5月 8日 (火) 10時09分

ごぶさたです!

次に行ったらFort Worth ZooとKimbell Art Museum
はmust seeですよ!動物園は全米で3位の
大きさかなんかだし(あったかいところに住む
ペンギンとかもいました)、キンベルは世界の
安藤忠雄がデザインしてるとかで展示品以外にも
見所がマンサイです。ついでにキンベルの前の
道路(University.St)を5分ほど走ると我が母校に
辿りつくので、ぜひ行ってみてくださいね~。

ちなみに。。。

ダラスとFWの間にあるArlingtonは有名な
アジアンタウンです。食料品とか、ダラスより
安く&種類多く手に入るし、ベトナム系のお店も
ホントに安くておいしいのでぜひ探索してみて
ください(ボロい&あの独特の匂いに耐えられたら…
の話ですけど…)!ちなみにUT at Arlingtonは
アジア人の留学生がすごく多くて、稲盛いずみが
短期留学してたというウワサがありました。。。

投稿: チエ。 | 2007年5月13日 (日) 00時10分

>チエ。さん
コメントありがとう!ご無沙汰!この前はいろいろと話をしてもらったみたいで(又聞きしました)ありがとうね。そうか、ZooとKimbellか!キンベルはいいと聞いているので今度ふらっと行ってみるよ。動物園も好きなので、癒されたくなったら行ってみます。ちなみに「我が母校」には見所はあるのか!?大学生が多いと若くて楽しいのかな。。それにしても、こんな近くの大学に行っていたとはね・・・。今のあなたとカウボーイの町はイメージがさっぱり合わないけど(笑)、住めば都だよな~。
Arlingtonには一度野球を見に行きたいので(というか近いので)行ってみようとは思ってるよ。ベトナムにしても、東南アジア系はむしろ得意分野なので問題ないし。ちなみにsix flagsってどうなの?日本であんな事故があったばかりでジェットコースターも微妙ではあるけど、この辺では唯一の遊園地だよね?

投稿: hongda | 2007年5月13日 (日) 11時12分

Six Flagsは……私はじめて行ってジェットコースター
乗ったときに「首が抜ける~~~~!!!」と
大騒ぎした記憶があります(なんか、一気にピョーンと
前向きで突進したあと、そのまま今度が後向きで
ピョーンと戻ってくるんですよ。Gがモロにきます)。

ボールパークは、どうしても観たい組み合わせの時は
別ですが、「いつでもどこチームでもいい」場合は
ウェブでイベント調べて行くといいですよ!スポンサー
会社が、「先着10.000名限定!」とかでグッズを
フリーを配る日が結構あるのです。試合直後から
eBayとかで売りに出されることも多いですが(笑)
オマケ好きにはたまらないです。お試しあれ!!

で、ですが…

>ちなみに「我が母校」には見所はあるのか!?

ああああありますよ(汗)!フットボールがなかなか
どうして結構強いのですごーく盛り上がるし、
ブックストアには学校グッズも盛りだくさんだし、
Horned Frogというテキサスならではのカエルが
スクールマスコットで、全国意外とかぶりが多い
スクールマスコットの中でもこれはTCUだけ
だそうです(そりゃそうだ…)。私立なので、UTとか
に比べてとっても組織立って校内整備されてるので
「ザ・アメリカの学校」的にとてもキレイですし、
ゲストさんが買ったテキサスベアーのTCU版
(紫色)もあるので是非ペアでそろえてくださいね♪

投稿: チエ。 | 2007年5月14日 (月) 14時13分

>チエ。さん
なるほど。TCUの魅力はよくわかりました(笑)今度ぶらぶら行ってみますわ。遊園地と野球は一緒に行く人がいないのでひとまず友達作りから始めようと思います・・・。
いろいろ情報ありがとう!また聞きたいこと出てきたら連絡しますわ☆

投稿: hongda | 2007年5月14日 (月) 23時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/363710/6336423

この記事へのトラックバック一覧です: 隣町観光。:

« 意外な結末。 | トップページ | 通勤ラッシュ。 »